SEOスキルを活かして輝く逸材を世界へ!

ビジネスに使えるグーグルが発見した10の真実についての考察

2015 7/02

スポンサードリンク令

¥900(税抜) ココアシガレット ¥30×30入{子供会 景品 お祭り 縁日 だがしかし 駄菓子 問屋}
created by Rinker
目次

グーグルが発見した10のコト

おはようございます。かみじょーです。
たまたま読んでいた本の引用に【グーグルが発見した10の事実】なるものがあったので、気になってググってみました。

以下はその10の事実の考察となります。

まず10の真実を読んでみて、googleすげー!!!て思いました。

■ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。
新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、
Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。
Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。
金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。
広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。
新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、
という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

なるほど!
ユーザーに焦点を絞ることというのは、ユーザーのニーズにあったものを提供していく。
これはどのジャンルの業種でも言えることですが、
ブロガーという視点から考えると、そのブログに訪れてくれた読者様が本当に読みたい内容を提供する。
これに尽きますね。

■1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

Google は検索を行う会社です。
検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する
Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。
複雑な問題も反復に反復を重ねて解決し、
既に膨大なユーザーが情報をすばやくシームレスに検索できているサービスに対しても、絶え間ない改善を続けています。
検索分野で培った技術は、Gmail、Google マップなどの新しいサービスにも応用されています。
Google では、他の分野でも検索技術を活用することで、
ユーザーが生活のあらゆる面においてさまざまな情報にアクセスして利用できるよう努力を続けています。

うんうん!
一つの事を極めしものが世界でも通用する。
広く浅くやることも時に大切。
ジャンルを絞らずに色々な事に挑戦することも必要。
しかし、最終的に何かしらのジャンルを極めること、これが本当に大切。
つまりは、自分っていったらコレっていう代名詞を育てられるように、一つの分野に特化したブログを作ってくことも
すごく大切になってくるわけです。

■遅いより速いほうがいい。

Google は、ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、
必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。
自社のウェブサイトにユーザーが留まる時間をできるだけ短くすることを目標にしている会社は、
世界中でもおそらく Google だけでしょう。
Google は、Google のサイトのページから余計なビットやバイトを削ぎ落とし、
サーバー環境の効率を向上させることで、
自己の持つスピード記録を何度も塗り替えてきました。
検索結果の平均応答時間は 1 秒足らずです。
Google が新しいサービスをリリースするときには、常にスピードを念頭に置いています。
モバイル アプリケーションをリリースするときも、
新時代のウェブにふさわしい高速ブラウザの Google Chrome をリリースするときも同じです。
今後も、さらなるスピードアップを目指して努力を続けていきます。

ファストというものが重視される世の中。
情報の旬の移り変わりは非常に早い。
早い波をちゃんと観測し、季節や時事にあったものを提供していく。
つまりはイベントがあったなら、その日の内に
書きたいことがあればその気持がアツい内に!

”鉄は熱いうちに鍛えよ”

ということですね。

■ウェブ上の民主主義は機能します。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、
膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。
Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、
各ウェブページの重要性を評価しています。
PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、
どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。
この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、
ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。
また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース
ソフトウェア開発にも力を入れています。

うんうん!
Webっていうものは、合理的かつ民主的
僕もそう思います。
強いものというものは、基本的に多くの人が支持したもの。
最近はSEOも本当に必要な情報かどうか?という観点で上下の優越をつけられていると思います。
広く情報を公平に届けるためにも
このグーグルが掲げる200の要素とページランクのアルゴリズムについては学んでいきたいですね。

そこで闘うのなら、その土俵上のルールを学ぶ。

ということが前提なんだと感じました。

■情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

世界はますますモバイル化し、
いつどこにいても必要な情報にアクセスできることが求められています。
Google は、モバイル サービスの新技術を開発し、
新たなソリューションを提供しています。
携帯端末から Google 検索にさまざまな方法でアクセスできるだけでなく、
メールを読んだり、カレンダーでイベントを確認したり、動画を見たりなど、
世界中のあちこちから携帯端末をさまざまな用途に使えるようになりました。
また、無料のオープンソース モバイル プラットフォームである Android では、
さらに画期的な革新をモバイル ユーザーに提供したいと考えています。
Android は、インターネットの土台にあるオープン性をモバイルの世界にもたらすものです。
Android によって、ユーザーの選択肢が広がり、
先進のモバイル体験が可能となるだけでなく、
携帯通信事業者、メーカー、デベロッパーにとっては、新たな収益機会が生まれます。

パソコンの前にいる時以上に、外や仕事中や移動中、食事中などに情報を得たくなります。
同様に発信したい情報を閃くのもPCの前に鎮座してる時以外が圧倒的に多い。
つまりは、情報へのアンテナを常に張って、
あとはメモを取れるように常に携帯していくことってチャンスを逃さない秘策だと思います。

■悪事を働かなくてもお金は稼げる。

Google は営利企業です。
企業に検索テクノロジーを提供することと、
Google のサイトやその他のウェブサイトに有料広告を掲載することで収益を得ています。世界中の数多くの広告主が AdWords で商品を宣伝し、
数多くのサイト運営者が Google の AdSense プログラムでサイトのコンテンツに関連する広告を配信しています。
広告主様だけでなく、すべてのユーザーの皆さんにご満足いただくため、
Google では広告プログラムとその実践について次のような基本理念を掲げています。

検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。
Google は、広告というものはユーザーが必要としている情報と関連性がある場合にのみ役立つと考えています。
そのため、検索結果ページに広告がまったく表示されない場合もあります。

Google は、派手な広告でなくても効率よく宣伝ができると考えています。
ポップアップ広告は邪魔になってユーザーが見たいコンテンツを自由に見られないので、
Google では許可していません。
Google は、閲覧しているユーザーに関連性のあるテキスト広告のほうが、ランダムに掲載される広告よりずっとクリック率が高いことに着目しました。企業の規模には関係なく、
あらゆる広告主がこのターゲット広告を利用できます。

Google が掲載する広告には、スポンサーによる広告リンク(スポンサーリンク)であることを必ず明記しているため、
検索結果の完全性が損なわれません。
Google が検索結果のランクに手を加えてパートナー サイトの順位を高めるようなことは絶対にありません。
PageRank は、お金で買うことはできません。
Google のユーザーは Google の客観性を信頼しているのであり、
その信頼を損なって短期的に収益が増加しても意味がないのです。

Webを育てていくことは、これ植物を育てて行くことと似てます。
いくらお金があっても植物は急にジャックと豆の木にはなりません。
手間暇をかけ、情熱を注ぎ、育てる。
時間がかかります。
一朝一夕で大きくなりません。
子育てや教育と似ています。
だからこそ、自分が育てたWebは、どこか自分に似ています。

自分の半身。

ブログにしてもWebにしてもそんな愛着が湧いてしまうのは、
自分が時間と情熱を注いで育てていったからかもしれませんね。

■世の中にはまだまだ情報があふれている。

Google が他のどの検索サービスよりも多い HTML ページのインデックス登録に成功した後、
Google のエンジニアたちは、簡単には検索できない情報に目を向けました。
その一部は、電話番号や住所、事業別ディレクトリなどで、
新しいデータベースを統合するだけで検索可能になりました。
しかし、中にはもっと工夫が必要なものもありました。
たとえば、ニュース アーカイブ、特許、学術誌、数十億枚の画像や数百万冊の書籍を検索する機能です。
Google の研究者たちは、今後も世界中のあらゆる情報を検索ユーザーに提供するために開発を続けていきます。

これはつまりは、世界は広がっている。そういうことだと思います。
世界が加速していくと、その分、新たな情報が生まれます。
情報は確かに氾濫してますが、飽和していません。
古くなった情報は埋もれ、いつも新しい情報が最前面に出るのはなぜでしょうか?
これは人間の記憶に似ています。
新しいこと、新しい日を送るためには、過ぎ去った日よりも今の情報を!
つまりは、情報発信者、自分メディアを作る、育てるということは常に新しいに着目して生きていくことと同義だと思いました。

■情報のニーズはすべての国境を越える。

Google の創業地はカリフォルニアですが、
全世界のユーザーにすべての言語で情報へのアクセスを提供することを目標としています。
そのため、60 以上の国にオフィスを構え、
180 を超えるインターネット ドメインを有し、
検索結果の半分以上を米国外のユーザーに提供しています。
Google の検索インターフェースは 130 を超える言語で利用でき、
検索結果を自国語のコンテンツのみに制限できる機能もあります。
さらに Google では、その他のアプリケーションやサービスについても、
できるだけ多くの言語と利用しやすいフォーマットで提供することを目標としています。
Google の翻訳ツールを使用すれば、
自分の知らない言語で書かれた地球の反対側のコンテンツも読むことができます。
こうしたツールやボランティア翻訳者の力を借りて、
世界中のさまざまな国や地域に対し、サービスの多様性と品質を大幅に向上させることができました。

世界は広い。言語はたくさんある。
日本のことでさえ、すべてを知ることはできないくらい世界は広いのですが、
海外で起こった出来事も今は翻訳がなされて、海を渡っても情報を正確に調べることが容易となりました。
今後は各言語の壁を超えて、コミュニケーションが取られるような時代がやってくるでしょう。
言葉の壁を超えた時に国境や人種を超えたコミュニケーションが生まれる。そう思います。

■スーツがなくても真剣に仕事はできる。

Google の共同創設者は、仕事は挑戦に満ちていなければいけない、
挑戦は楽しくなければいけないという考えで会社を作りました。
適切な企業文化があるほうが、創造性のある優秀な成果が上がりやすくなると
Google は考えています。
企業文化とは、ラバランプやバランスボールのことだけではありません。
チームで目標を達成することや、個人の業績に対する誇りが会社全体の成功につながるということを強調しています。
Google は社員を厚く信頼しています。
Google の社員たちはさまざまなバックグラウンドを持ち、
エネルギーと情熱をほとばしらせながら、仕事、遊び、人生に独創的にアプローチしています。
打ち解けた雰囲気の中、カフェ、チーム ミーティング、ジムなどで生まれた新しいアイデアは、
またたく間に意見交換が進み、試行錯誤を経て、すぐに形になります。
こうしたアイデアが、世界展開を視野に入れた新しいプロジェクトの出発点になることもあるかもしれません。

今はノマドな人も増え、働くという形が多様化してきました。
会社勤めが普通だった昭和から、新しい雇用形態が誕生した平成にかけて、
誰かのセオリーが必ずしも自分の常識とならない。
社会的なレールに乗っからなくても生きていく道が幾つも開拓されてきました。
あとは本人がどの生き方を選ぶか?
そういう面では現在は広くオープンになった世界とも言えるでしょう。
みんながしてないことにビックチャンスがあり、
誰かと足並みを揃えて、企業に隷属しなくても
新しい扉は開くことができ、
閃いた新たなアイディアがビジネスになる!
なんとワクワクする展開なんでしょうか!?

■「すばらしい」では足りない。

Google にとって一番であることはゴールではなく、出発点に過ぎません。
Google では、まだ達成できないとわかっていることを目標に設定します。
そうすることで、目標達成に向けて全力を尽くし、
期待以上の成果を残せるからです。Google は、技術革新を繰り返し、
機能性の高いサービスに対して、さらに期待を上回る改良を加えています。
たとえば、正しいスペルの単語を入力したときに正常に検索されるのを見たあるエンジニアは、
スペルが間違っているときの処理方法について改善の余地を見出し、
直感的で役に立つスペル チェッカーを開発しました。

たとえユーザーが自分の探すものを正確に把握していなくても、
ウェブで答えを探すこと自体はユーザーの問題ではなく Google の問題です。
Google は、全世界のユーザーがまだ具体的にイメージしていないニーズを予測し、
新たなスタンダードとなるサービスを作り出しています。
たとえば、Gmail を始めたときには、
当時のどのメールサービスよりも多くの保存容量を提供しました。
今考えると当たり前のサービスですが、そう思えるのは、
現在 Google のメール容量が新たなスタンダードになっているからです。
このような変化をもたらすのが Google の望みであり、
新たな一歩を踏み出す方向を Google は常に探しています。
つまり、現状に満足しないことが Google のすべての原動力となっているのです。

素晴らしいって思うことはスタート。
僕もそう思います。
すべてにゴールはありません。
中間地点のコンバージョンは無数に存在しますが、
一つのプロジェクトにゴールはありません。
なぜなら、プロジェクトにしても一人間にしても人生は続いてくからです。

一個のコトにゴールを求めるよりもその先を見たい。
ゴールはまだ一個の道程に置かれた道標に過ぎなかった。
これです。

道はまだ続いてきます。
ここが限界点ではない。
そう思うとワクワクしませんか?

[adsense]

グーグルまとめ

世界的企業グーグルが発見した10のコト。
これは人生において人間が意識して考え無くてはならない事でもあると思いました。

固定概念に縛られずに新しいものを模索する。
ゴールの先を見据えて、邁進する。

これは進化であり、歩を進めるということなんだなぁ

僕はそう感じました。

writer:かみじょー

この記事を読んだ人はこんなのも高確率で読んでます。

LINEオープンチャット関連記事

◯LINEオープンチャット関連記事
LINEオープンチャット先行版とLINEグループとの違いをまとめてみた
LINEオープンチャットの管理人機能と副管理人の追加
LINEオープンチャットで身バレ防止!ハンドルネームをつけられる便利機能
LINEオープンチャットで人気が出そうなジャンルとチャットメンバー募集中
LINEオープンチャットで作れるカテゴリー一覧と人気チャット考察
LINEオープンチャットの稼ぎ方と騙されないようにするポイント
LINEオープンチャットでメンバーを効率よく増やす人集め方法
LINEオープンチャット正式リリースはいつ?エラーで募集延期の可能性は?
LINEオープンチャット正式リリースまでの禁止事項は招待やQRコード拡散など
LINEオープンチャット5つの禁止事項や規約からわかること
LINEオープンチャット「ブロガーPay」コミュニティメンバー募集中
ブログを書く人向けLINEオープンチャットブロガーPay-記事更新版-作りました
LINEオープンチャット山口県観光コミュニティ「山口県行こうで!」開設!
LINEオープンチャット QRやURL読み込んでも参加できない時の対処法
LINEオープンチャットおすすめトークルーム一覧
Lineオープンチャットのノートに大事なお知らせ・大事なノートが追加
LINEオープンチャット注意喚起!同じ文面を数回コピペすると凍結する仕様
LINEオープンチャットでノートをチャットタイムラインに載せる方法
LINEオープンチャット就活支援コミュ-企業と就活生をマッチング-のご紹介
ブログ運営者やブロガーにこそLINEオープンチャットをおすすめしたい
LINEオープンチャットで楽天ROOMコミュニティ作りました
【検索できない】LINEオープンチャットのトークルーム検索はいつ実装されるのか?
【LINEオープンチャットトークルーム】フォロワーが増えるツイッターコミュニティ
LINEオープンチャットの略称はオプチャ・ぷんちゃ?なんて呼ばれそう?
LINEオープンチャットのトークルームの機能・使い方完全版
LINEオープンチャット管理者・共同管理者の権限とできるコトについて
【退会させられない】INEオープンチャットで退会規制 短時間に60名程退会させると
LINEオープンチャットにある色々な規制まとめ(トーク規制・招待規制・蹴り規制)
【ブロガー必見】LINEオープンチャットを活用したSEO対策とは
LINEオープンチャットでは個人間のやり取りができない!対処法はあるの?
LINEオープンチャットに今後追加される予定の新機能について
LINEオープンチャットでオンラインサロンを作る方法
LINEオープンチャット「オンラインサロンオーナーの会」メンバー募集中
LINEオープンチャットの通報したらどうなる?機能を紹介
LINEオープンチャットで副業!健全稼げる5つの方法
LINEオープンチャット「恋愛相談コミュニティ」恋バナもできる!参加者募集中
LINEオープンチャットを使ってコンサルをする方法
LINEオープンチャット使ってみた!口コミ・感想・良い点・改善点まとめ
LINEオープンチャットの黎明期・全盛期・衰退期への展開を予想してみる
LINEオープンチャット「インスタグラムの会」参加者募集中┃Instagram
自分のサイトにLINEオープンチャットのトークルームを埋め込む方法
LINEオープンチャット運営からのおすすめピックアップルームに掲載されました
LINEオープンチャットほめ合うグループのご紹介
LINEオープンチャット「スニーカー&SNEAKER」靴シューズ好きのコミュニティ
LINEオープンチャット合言葉・コードなど公開設定の方法
LINEオープンチャット紹介「イベント告知&探し🎟!(オフ会、ライブ、配信、実況、展示、セミナー、スポーツなどのイベント開催情報)」
LINEオープンチャット正式リリースはいつ?近日中に迫る!予想は8月19日
LINEオープンチャット「クリエイターズクラブ」のご紹介!クリエイター求ム!
LINEオープンチャットおすすめの「フォニックス英語発音オンラインコミュニティ」
LINEオープンチャット紹介「令和防災サバイバー」震災時のお役立ちコミュ
LINEオープンチャットおすすめ「全米全英ゴルフ実況コミュ」のご紹介
LINEオープンチャットおすすめ「みんなで痩せるダイエットコミュ」の紹介
LINEオープンチャット用のアイコンイラストのご依頼はかみじょー絵師コミュまで
東京都関連のLINEオープンチャットトークルーム一覧
大阪関連のLINEオープンチャット(オプチャ)トークルーム一覧
LINEオープンチャット(オプチャ)荒らし対策まとめ
LINEオープンチャット転職支援や退職代行お悩み相談コミュ┃オプチャ
LINEオープンチャット紹介「大阪おすすめグルメ」参加者350人超える!オプチャ
LINEオープンチャットおすすめ「三浦大知ファンコミュ」が登場!オプチャ
LINEオープンチャット紹介「ラーメン(食べたラーメンの写真と感想を書くコミュ)」
検索できない時のためのLINEオープンチャットゲーム・スマホアプリコミュ一覧
LINEオープンチャット女性向けコミュまとめ
LINEオープンチャット「九州総合コミュ」のご紹介┃町おこし・地域振興
LINEオープンチャット「WordPress全般研究会」グーテンベルク情報も
LINEオープンチャット「松本山雅FCファンコミュニティ」ONE SOUL
LINEオープンチャット紹介「マインドフルネス」
LINEオープンチャット紹介「松本市総合コミュニティ」
LINEオープンチャット「雑談オプチャ」まとめ┆検索できない時のための一覧

関連記事

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次