MENU

オープンチャット用語集-荒らし(迷惑行為)とは-使い方や意味を解説

2020 8/01
オープンチャット用語集-荒らし(迷惑行為)とは-使い方や意味を解説
目次

オープンチャット用語集-荒らし(迷惑行為)-について

オープンチャットに参加したり運営していると毎日といっていい程目にする言葉、それが荒らし(迷惑行為)です。
今回はそんな荒らし(迷惑行為)について使い方や意味をご紹介していきます。
今回の記事はこんな方におすすめです
・荒らしってそもそもどんな行為が該当するの?
・実は気が付かないだけで荒らし行為をしてしまっているのかもしれないと思っている方
・荒らしが来たときにどう対処したらいいのか知りたい方

オープンチャットでの荒らし(迷惑行為)とは

オープンチャットでの荒らし(迷惑行為)について簡単に解説すると、
「参加者がいやな気持になる、不快になる言動」となります。
・スタンプ連打
・誹謗中傷
・個人情報の垂れ流し
・喧嘩
などがそれに該当します。

オープンチャット用語集-荒らし(迷惑行為)とは-使い方や意味を解説

オープンチャット用語集-荒らし(迷惑行為)とは-使い方や意味を解説

オープンチャット用語集-荒らし(迷惑行為)とは-使い方や意味を解説

・連絡先の交換
・人を傷つける攻撃的な発言
・人が嫌がる下品な言葉や写真の投稿
・身元がバレるおそれのある投稿などは
迷惑行為であり、荒らしと認識されます。

即抜けは荒らし行為になるの?

最近よく目にする「即抜け」=参加してすぐにそのコミュニティを抜けてしまうこと
これは迷惑行為になるのか?についてお答えいたします。

何度も出入りをしながら、迷惑行為に該当する発言をしている場合、これはよくありませんが
参加してみて、自分に合わないなと感じて退会することは、迷惑行為には該当しません。

荒らし(迷惑行為)された時の平和な対処法

自分が運営している、または参加しているオープンチャットで荒らし行為をしている方を目撃した場合の
平和な対処方法です。
1.通報する
2.管理者にメンションして伝える

※荒らし行為に該当する発言に対してメンションをするのは悪手です。
相手に燃料を与える行為なのでやめましょう

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる