iOS9.3.1にアップデートしてみた【不具合や使いやすさ・フリーズ】

iOS9.3.1にアップデートしてみた【不具合や使いやすさ・フリーズ】
Sponsored Link2
Sponsored Link3


iOS9.3.1へアップデート4月1日

4月1日iPhoneのOSiOS9.3.1アップデートが開始されました。

このiOS9.3.1へアップデートは、一個前のios9.3の不具合などが原因のパッチというわけです。

丁度4月1日、iPhoneのline液晶では、桜が舞ってました。

丁度上條も3か月前にiPhoneデビューしたわけですが、今のところ使いやすさはアンドロイド以上に便利。
アンドロイドで2台使ってきましたが、iPhoneの安定感はいいですね。

iOS9.3の不具合改善ということで2016年4月1日にiOS9.3.1がリリースされました。
そこまで9.3とバージョンの違いはありません。

むしろ前バージョンの問題を解決しようっていうことでリリースされたわけです。

ios9.3の流れを確認

ios9.3がリリースされる。

不具合が起こる(フリーズなど)

ios9.3のバージョンアップが一旦停止される

ios9.3.1のリリース←今ここ

ということでエープリルフールということで、うそではないのですが、
この新バージョンで安定してくれたらいいですね。

前回バージョンアップできなかった人は、ちょっと様子見の方も多いでしょう。

iOS9.3.1にアップデートする前の注意事項

■容量は
・iOS9.3.1の容量は35.3MB

■かかる時間は
・Wi-Fiでやりましたが、わずか2分足らず。
Wi-Fiの速度は75Mbpsです。

まずはストレージの空き状況を確認しましょう。
ストレージの空きが35MBないっていう人はそういないと思いますが、

■ios9.3.1まとめ①
iOS9.3→iOs9.3.1のアップデートには35.3MBのストレージが必要。

機種はどの機種までアップデートできるの?

■機種
・iPhone4SやiPhone5はやめといた方がいい。

iphone4s,5は最新OSが対応していないことが考えられるので、これはやめておいた方がいいでしょう。

こないだ、友人がiphone4sからios9.3へアップデートしてみようとしたのですが、実際にエラーになってしまったこともありました。

ios9.3.1まとめ②
・iPhone4sや5はアップデートしない。

iPhone5/5S/6/6SPlusのアップデートはオッケーだと思われる。

※状況や型番によっては不具合があるかもしれないので、自己責任で行いましょう

アップデートで不具合が起こったら

ちなみに過去のiosアップデートエラーは
・エラー1671
・エラー4031
・エラー3194
・エラー53
・エラー4005
・エラー9

などがあるようです。

前回のios9.3のアップデートでも不具合やフリーズが起きた人と起きてない人がいたのはなぜでしょう?
検証してみました。

・ストレージの差
・通信速度の差
・iPhoneの個体性能の差

つまりは、iPhone6や6sを使っていたとしても、エラーが起こる可能性は否めない。

まずは、エラーが起こったら

・電源をオフにしてみる
・iphoneを探すをオフにしとくといいようですね!
・Wi-Fiに繋がれている場合は切る
・Dr.Fone for iOSという無料ソフトを使ってみる
など試してみましょう!

ライター:上條

Sponsored Link2
WordPressのおすすめテーマはこちら
■ポケモンGOにおすすめ
モバイルバッテリーダンボー
上條イチオシはこちら。
とにかくやすいし、かわいい。
かわいいのがいいの!っていう女の子には
iPhone 6なら3.5回フル充電可能。


■ポケモンGOに最適Wi-Fi
僕も1日3~4時間はポケモンGOしてますが、
Wi-Fiの電池も十分持つし
月額2760円~なので、月末の通信制限を心配しなくて
助かってます。

この記事を読んだ人はこんなのも高確率で読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ラジオ かみじょー

かみじょー:こちらのブログのライター・ラジオDJ・イベンター・web制作・writerをしております。 どうぞ、よろしくお願い致します。 取材・原稿依頼もお待ちしております。 ■得意なジャンル ・ゲームアプリ ・恋愛 ・採用 ・大学生 ・各種レビュー などです。