【https化】リダイレクトプラグインSearch Regexエラーの原因と改善方法

【SSL】簡単ワードプレスのブログを30分でhttps化してみた【Xサーバ】
Sponsored Link2
Sponsored Link3


https化で役立つSearch Regexのエラー対処法

契約サーバを使って「https化」をすることは、設定をしたり「証明書」を申請して終わりではありませんでした。
これは、ブログの中にある「https:~」はじまるものを「https:~」に直さなくてはなりません。
リダイレクトしなくてはならいのですが、
これは記事URLだけではなく、
「画像」「wp-content」なども変更しなくてはいけません。

そのために手作業で行うとものすごく時間がかかってしまうので、
一括で変換ができればいいんですが、
そこで便利なプラグイン「Search Regex」がおすすめ。

しかし、このプラグインはエラーが起きます。

それは変換するものが約10000を超える場合、処理が一括で出来ずエラーとなります。

そこで今回は「Search Regex」でエラーをしない方法を書いていきたいと思います。

【https化】リダイレクトプラグインSearch Regexエラーの原因と改善方法

【https化】リダイレクトプラグインSearch Regexエラーの原因と改善方法

上記の上の入力画面に「変更したいURLを」これは一部でも可能です。
上記の下の入力画面に「変更後のURLを」これも一部でも可能です。

たとえば、うちのサイトでは、[https:nekokick3.com/wordpress] これを
[https:nekokick3.com/wordpress]にしたいのですが、

これを一括でやろうとすると、10000件以上がヒットし、10000件以上だとエラーになってしまいます。

そこで

Search Regexを分割をしていく方法

■記事の登録年毎に行う。
記事全部を一括で変更するのは不可能ですが、
例えば
「2013年の記事」をhttp→httpsにする
という分割方法だと可能です。

■https:nekokicks3.com/wordpress/2013

■https:nekokicks3.com/wordpress/2013

とパーマリンクの年代毎に変更をしていきます。

そうすると、
2014、2015、2016のものはヒットしないので、分割で可能。

■ディレクトリ毎に行う
ディレクトリとは、その該当するファイルや記事が入っているフォルダのこと。

たとえば
…wp-content毎に検索して変更していく

しかし意外にwp-content内には沢山該当するものが入っているので
その場合

wp-content/2014/
wp-content/2015/
wp-content/2016/
など、wp-content内も年代毎にわけていけば作業ができます。

ということで、
全該当数16000あったものも、
この方法でエラーが起きずに「Search Regex」を使うことができました。

めでたしめでたし!

ライター:上條

Sponsored Link2
WordPressのおすすめテーマはこちら
■ポケモンGOにおすすめ
モバイルバッテリーダンボー
上條イチオシはこちら。
とにかくやすいし、かわいい。
かわいいのがいいの!っていう女の子には
iPhone 6なら3.5回フル充電可能。


■ポケモンGOに最適Wi-Fi
僕も1日3~4時間はポケモンGOしてますが、
Wi-Fiの電池も十分持つし
月額2760円~なので、月末の通信制限を心配しなくて
助かってます。

この記事を読んだ人はこんなのも高確率で読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ラジオ かみじょー

かみじょー:こちらのブログのライター・ラジオDJ・イベンター・web制作・writerをしております。 どうぞ、よろしくお願い致します。 取材・原稿依頼もお待ちしております。 ■得意なジャンル ・ゲームアプリ ・恋愛 ・採用 ・大学生 ・各種レビュー などです。