2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想

2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想
Sponsored Link2
Sponsored Link3


2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想

2018夏アニメ、スポ魂アニメと言えば、「はねバド
そんなはねバドの第1話あらすじと感想です。

このアニメ、プロモーションなどを見ると、爽やかな青春×バドミントンかな?
または、かわいい子がいっぱい出るみたいだから、萌え×スポーツアニメかな?
という印象を初見の人は受けるかもしれないけど、
原作コミックを読んできた僕からしてみたら、

それはちゃうで!工藤!

と言いたくなるくらい、真摯にバドミントンと向き合っているスポーツアニメです。

今回の記事をざっくりいうと
・はねバドってこんな話
・はねバド1話のあらすじ
・はねバド1話感想

はねバドってこんな話

はねバドは、バドミントンに青春をかける女子高生たちの物語です。
舞台は、神奈川県にある北小町高校バドミントン部。
アニメ第一話でも、かなりストイックに練習していたのが、主将である新垣ちゃん。
新垣ちゃんがスランプに陥ってしまって、その分練習で補おうと他の部員にもかなり厳しく当たってしまい、
かなりの部員は部活をやめてしまった。

顧問は、バドミントン経験がないので、友人で元オリンピック選手だった立花健太郎を顧問として招く。

はねバドアニメ第一話では、コーチの立花がテニス部に仮入部していた、羽咲綾乃という新1年生に出会う。

この羽咲ちゃんが今作の主人公として羽咲ちゃんを軸に物語は、展開していきます。
ちなみに漫画原作だと、かなり恥ずかしがり屋でコミュ障な感じがしましたが、アニメだとそこまでのコミュ障ではないみたい。
漫画だと、大きな声を出せない、思ったことが言えないという
かなり奥手な印象でした。

実は羽咲ちゃんは、バドミントンの経験者なのだが、
当の本人はもうバドミントンをしたくない。
そんなしたくない羽咲ちゃんを何とかバドミントン部へスカウトしよう!
というのがはねバドの序盤の展開です。

また、はねバドのもうひとりの主人公として、

荒垣ちゃんの存在は大きい。

原作だと、天才肌の羽咲ちゃんより、
凡人だけど、努力で自分の壁を乗り越えていく荒垣ちゃんの姿に感動しました。

はねバドの主な登場人物

アニメはねバドの主な登場人物です。

2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想
・羽咲 綾乃(はねさき あやの)声 – 大和田仁美[1] はねバドの主人公。1年生で右利き(バドミントンでは左利き)。身長151センチメートル。
高校生になったばかりで入部する部活を決めかねており、
また幼馴染のエリナに依存しているところがあり、自己主張ができない。
とある理由から、バドミントン部への入部は考えていなかったのですが、
バドミントン部コーチの立花から熱い視線を送られて勧誘される。

そんな羽咲ちゃんの正体は、全日本10連覇の実力を持つ母親より幼少時から英才教育を受けてきた天才バドミントン少女。
名前も以前は羽咲という名字は名乗っていなかったのです。

過去に荒垣ちゃんと因縁がある。

2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想
荒垣 なぎさ(あらがき なぎさ)声 – 島袋美由利
はねバドのもうひとりの主人公。
女子バド部主将。3年生。右利き。174センチメートル。
長身でスタイルも抜群!
しかし、中学時代のバドミントンの大会でとあるトラウマを持ってしまい、高校になってからはストイックに練習を重ねていた。
アニメでは荒垣ちゃんと、羽咲ちゃんとの再会から同じチームメイトとして一緒に強くなっていく、という
スポ魂展開が楽しみですね。

2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想
泉 理子(いずみ りこ)声 – 三村ゆうな
女子バド部副主将。3年生。右利き。163センチメートル。
スラムダンクでいうところのメガネくんポジションなのだけど、
荒垣ちゃんの良き理解舎である。

原作だと後半かなり成長するのだけど、
アニメ1クールだとおそらくそこまでの見せ場はなさそう。

荒垣ちゃんが激情タイプなのと対称的に温厚な性格で、
バドミントン部の癒し系!

立花 健太郎(たちばな けんたろう)声 – 岡本信彦
バドミントン部コーチになった、見た目はちょっとチャラい男。
しかし、バドミントンに対しての慧眼は確かなもので
指導者としてはかなりなもの。

しかし、何事も一人で抱え込むタイプの荒垣とはソリが合わなそう
というところをアニメでもどうやって乗り越えていくか、
が見どころの一つですね。

2018夏アニメはねバド1話のあらすじと感想
藤沢 エレナ(ふじさわ エレナ)声 – 小原好美
綾乃のクラスメイトで幼馴染。いわゆる幼馴染。
スラムダンクでいうところの桜木軍団に該当するが、
だんだんとバドミントンの世界へのめり込んでいくのだった…

アニメ一期だと、他校との練習試合くらいまでは話が進むだろうか?
他校にも魅力的な選手が多いです。

はねバド1話のあらすじ

はねバド第1話では、高校生になった主人公の羽咲ちゃんと
バドミントンにスランプで部活でみんなに厳しく当たる荒垣ちゃんが対照的に描かれています。
またコーチとしてやってきた立花コーチもちょこっとだけ登場しています。

はねバドの真骨頂は
・あくなきバドミントンへの思い
・バチバチバースト並みのガチなスポーツ漫画

というところでしょう。

今後の展開も楽しみ。
漫画とはなんか印象が違う(アニメ1話なのになんか重い)
のだけど、第2話もとても楽しみ。

あとは作画がとてもきれい。

はねバド1話感想

はねバドアニメ1話、作画すごいな!
という感想、
そして尺の関係か、アニメと漫画だと雰囲気がちょっと違うな
という感想です。

はねバドは、序盤の展開(特に羽咲ちゃん関係)
と中盤以降の展開(作品の空気感)が全然違うので
スルメアニメだと思う。

とてもじゃないけど、12話くらいでははねバドの面白いところまで進まないだろうけど、
二期も期待したい。

夏にピッタリな青春×スポ魂アニメ!

漫画も絵がとてもきれいで見応えがあります。

Sponsored Link2
WordPressのおすすめテーマはこちら
■ポケモンGOにおすすめ
モバイルバッテリーダンボー
上條イチオシはこちら。
とにかくやすいし、かわいい。
かわいいのがいいの!っていう女の子には
iPhone 6なら3.5回フル充電可能。


■ポケモンGOに最適Wi-Fi
僕も1日3~4時間はポケモンGOしてますが、
Wi-Fiの電池も十分持つし
月額2760円~なので、月末の通信制限を心配しなくて
助かってます。

この記事を読んだ人はこんなのも高確率で読んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ラジオ かみじょー

かみじょー:こちらのブログのライター・ラジオDJ・イベンター・web制作・writerをしております。 どうぞ、よろしくお願い致します。 取材・原稿依頼もお待ちしております。 ■得意なジャンル ・ゲームアプリ ・恋愛 ・採用 ・大学生 ・各種レビュー などです。